• 標準
  • 拡大

文字サイズ

ホームプロフィールごあいさつ政策日々の活動

日々の活動

  • 2019/08/09

    8月9日 長崎 原爆忌 平和祈念式典

    長崎に原爆が投下されて74年目の本日、平和祈念式典が開かれ、広島市からは広島市長、広島市議会議長、核廃絶広島市議会連盟から6名、他3名が参列しました。
    午前10時40分から式は始まり、被爆者や遺族のほか安倍総理大臣をはじめ各党代表も出席され、11時2分から黙祷を行いました。
    この一年間に亡くなった被爆者など合わせて3402人の名前が書き加えられ、18万2601人の被爆者名簿が『奉安箱』に納められました。
    長崎の田上市長は平和宣言で被爆者が原爆の惨状をつづった詩を引用して、被爆の実相と二度と原爆を使ってはならないという被爆者の思いを訴え、日本政府に対して唯一の被爆国として世界に平和を呼びかけ、リーダーシップ求めました。

  • 広島市
  • 広島市議会
  • 自民党